USJアトラクション情報

USJの人気アトラクション!スパイダーマンのライドって怖いの?

15周年に沸く大阪市此花区のユニバーサルスタジオ・ジャパン(以下USJ)で、アトラクション導入当初から変わらない人気を博しているスパイダーマンのアトラクション。

怖いと言う人も多いこのアトラクション、今回はその人気がいったいどこから来るのかを含め、グッズなども紹介していきます。

 

USJで2016年も人気のアトラクション、スパイダーマン!

 

2013年に少しリニューアルし、新しくなったスパイダーマン。名前も新たに「アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド4K3D」となりました。

この少しのリニューアルが、実は大きな躍進だったのです。

それは世界最高技術映像、「4KHD」と「3D」を合わせることによりとてもリアルで臨場感たっぷり、大迫力のアトラクションへと進化を遂げたのです。

そして2000年から数々の賞を受賞、近年では7年連続、世界最高ダークライドゴールデンチケットアワードを受賞するなど、世界が認めたほかに類を見ない「引き込まれ感、巻き込まれ感」を体験することができます。

ama_pic_main01

画像挿入元:http://www.usj.co.jp/spm/

 

世界最新鋭の映像技術「4KHD」を、日本で初めて3Dライド・アトラクションに搭載。
「4KHD」も「見る」から「一体化する」時代へ。

フルハイビジョンの4倍の映像美を誇る「4KHD」を3Dアトラクションに日本で初めて採用。さらに、
「4KHD」映像を投影する、世界最高レベルのスペックの「35000ルーメンの4Kプロジェクター」と
「非圧縮の4Kサーバー」は、ともに日本のエンターテインメント施設で初導入となります。
スパイダーマン・スーツに浮かび上がる指先のテクスチュアや全身の筋肉の動き、ニューヨークの街並みに浮かぶショーウィンドウなど立体感・奥行感溢れる映像を、世界最大級のカーブスクリーン(幅約18メートル、高さ約9メートル)を含む12面の大型3Dスクリーンに緻密に映写し、現実と非現実の区別がつかなくなるシームレスな環境を生み出すことに成功しました。さらに、この『アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド 2』の誕生により、「4KHD」という超高精細映像も「見るだけ」から「一体化する」時代へと移行します。”

引用元:https://www.usj.co.jp/company/news/2013/0312.html

文中のスパイダーマン・ザ・ライド2と言う表記は通称であって、お話の内容が変わったわけではありません。

でも、迫力、臨場感、体感、恐怖は映像の解像度が上がったことにより、より強く感じられ、3Dとのコラボレーションで視覚が鮮明に働くためか、とても引き込まれ、現実世界の中に本当にスパイダーマンが登場するような感覚に襲われます。

過去に体験した人も、このスパイダーマンは是非一度体験されることを強くオススメします。

 

 

2016年、スパイダーマンのオススメグッズはコレ!

 

スパイダーマンといえばどちらかと言うと男性に人気で、かっこいいイメージですよね。

アメコミ出身のスパイダーマンだからこその色合いでの展開が多くなっています。

今回は個人的にお土産でも買い、愛用しているものを中心に紹介していきます。

1 2 3