USJアトラクション情報

USJのジョーズ、オススメの楽しみ方♪

 

大阪市此花区にあるユニバーサルスタジオ・ジャパン(以下USJ)で開園当初からずっと変わらず人気を博しているアトラクション、「ジョーズ」は、40年以上前の1975年に公開された「JAWS」というスティーブン・スピルバーグ監督作品が元になったアトラクションです。ストーリーの舞台となったアミティビレッジでのその後を、アトラクションで体験できるというものです。

 

なんと、このアトラクション、サメが襲ってくるかもしれないのに赤ちゃんから乗ることが出来ちゃいます。身長制限は一応122cmとあるものの、自分で座ることが出来れば保護者同伴で乗ることが出来るのです。我が家の子供たちも0歳でジョーズデビューしました。案の定大泣きではありましたが、それもまた一興。

もちろん車椅子の方も楽しむことが出来ます。車椅子の種類によっては専用の車椅子に乗り換えることもあるかもしれませんが、ご一緒に楽しむことが可能です。(同伴者一名必要)

ここではジョーズアトラクションについていくつかの質問をまとめてみました。

 

USJのジョーズ、そんなに濡れるの?

 

ぬれるアトラクションとして有名なのは「ジュラシックパークザライド」と「ウォーターワールド」ですよね。しかし、「ジョーズ」もまた濡れるアトラクションなのです。

「ジョーズ」の前には簡易レインポンチョを売る自販機があります。

SN3U0609 500_15773000

画像引用元:http://maruta.be/usj_freaks/

この、倉庫みたいなのが見逃しがちなのですが簡易ポンチョを売る自動販売機です。

400円で売られていてワンサイズです。

なかなか薄い設計でビニールをかぶっている感じです。

まぁ、一日だけなら、3つのアトラクションで使っても破損の心配はないですね。

濡れる場所というのも決まっていて、左側の座席は覚悟が必要です。

右側は正直まったくといってもいいくらい濡れません。

jaw_pic_main01

画像引用元:https://www.usj.co.jp/attraction/jaws

 

まぁ、びしょびしょ・・・とまでは行きませんが少し覚悟して乗ることをオススメします。

 

USJのジョーズ、待ち時間はどのくらい?

 

乗車定員が48人と多い分、待ち時間はめったに長くなりません。

それでも開園当初から大体30~60分の待ち時間は切ったことがありません。

小さなお子様連れの方は入り口にベビーカーを置いてから並ぶ形になるので抱っこ紐などの用意や、ジュースなどは持っていたほうがよいかと思います。

1 2