USJの人気アトラクション!スパイダーマンのライドって怖いの?

15周年に沸く大阪市此花区のユニバーサルスタジオ・ジャパン(以下USJ)で、アトラクション導入当初から変わらない人気を博しているスパイダーマンのアトラクション。

怖いと言う人も多いこのアトラクション、今回はその人気がいったいどこから来るのかを含め、グッズなども紹介していきます。

スポンサードリンク

USJで2016年も人気のアトラクション、スパイダーマン!

2013年に少しリニューアルし、新しくなったスパイダーマン。名前も新たに「アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド4K3D」となりました。

この少しのリニューアルが、実は大きな躍進だったのです。

それは世界最高技術映像、「4KHD」と「3D」を合わせることによりとてもリアルで臨場感たっぷり、大迫力のアトラクションへと進化を遂げたのです。

そして2000年から数々の賞を受賞、近年では7年連続、世界最高ダークライドゴールデンチケットアワードを受賞するなど、世界が認めたほかに類を見ない「引き込まれ感、巻き込まれ感」を体験することができます。

ama_pic_main01

画像挿入元:http://www.usj.co.jp/spm/

世界最新鋭の映像技術「4KHD」を、日本で初めて3Dライド・アトラクションに搭載。
「4KHD」も「見る」から「一体化する」時代へ。

フルハイビジョンの4倍の映像美を誇る「4KHD」を3Dアトラクションに日本で初めて採用。さらに、
「4KHD」映像を投影する、世界最高レベルのスペックの「35000ルーメンの4Kプロジェクター」と
「非圧縮の4Kサーバー」は、ともに日本のエンターテインメント施設で初導入となります。
スパイダーマン・スーツに浮かび上がる指先のテクスチュアや全身の筋肉の動き、ニューヨークの街並みに浮かぶショーウィンドウなど立体感・奥行感溢れる映像を、世界最大級のカーブスクリーン(幅約18メートル、高さ約9メートル)を含む12面の大型3Dスクリーンに緻密に映写し、現実と非現実の区別がつかなくなるシームレスな環境を生み出すことに成功しました。さらに、この『アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド 2』の誕生により、「4KHD」という超高精細映像も「見るだけ」から「一体化する」時代へと移行します。”

引用元:https://www.usj.co.jp/company/news/2013/0312.html

文中のスパイダーマン・ザ・ライド2と言う表記は通称であって、お話の内容が変わったわけではありません。

でも、迫力、臨場感、体感、恐怖は映像の解像度が上がったことにより、より強く感じられ、3Dとのコラボレーションで視覚が鮮明に働くためか、とても引き込まれ、現実世界の中に本当にスパイダーマンが登場するような感覚に襲われます。

過去に体験した人も、このスパイダーマンは是非一度体験されることを強くオススメします。

2016年、スパイダーマンのオススメグッズはコレ!

スパイダーマンといえばどちらかと言うと男性に人気で、かっこいいイメージですよね。

アメコミ出身のスパイダーマンだからこその色合いでの展開が多くなっています。

今回は個人的にお土産でも買い、愛用しているものを中心に紹介していきます。

まずはやっぱりこれ!すぱいだー麺です!

o0600033813365425758

画像引用元:http://usjgo.com/

これ、ものすごく子供が喜びます。

中に入っているナルトがスパイダーマンになっていて、尚且つ、おいしい!

こういったものって、あまり美味しくないなーなんてイメージがあったのですが覆りました。それ以来行くと必ずと言っていいほど購入しています。

あと、このかたたたき&つぼ押しスパイダーマン(正式名称ではありません)もイチオシ!

i320

画像引用元:http://blog.opus21.net/

これ、効くんですよ!この指がちょうど肩のつぼを刺激してくれます。

最初、上司に買っていって、一度使わせていただいたのですがあまりに気持ちがよすぎて、次にパークに行ったときに迷わず購入。ずっと毎日使い続けています。

USJスパイダーマンの写真スポット、その場所と値段は?

スパイダーマンのアトラクションの中では1回写真を撮られるところがあり、最後の出口でその写真を買うことができるというライドフォトと、ニューヨークエリア内にスパイダーマンが存在し、一緒に写真を撮ることができるフォトオポチュニティがあります。

どちらもクルーのカメラ(アトラクションカメラ)で撮影し、購入するのですが、フォトオポチュニティは自身のカメラで撮ってもらうことができます。

アトラクションのライドフォトのタイミング、ご存知ですか?

スパイダーマンが最後に写真とってくれるのですが、実はそれはダミー。

そのときにポーズをしてもぜんぜん違う場所を見て移っていてショックを受けたりします。

実はもっともっと序盤で撮られていたのです。

それは、エレクトロ(電撃を扱う敵)がビークルにプラグをさしてガガガガーっと電撃を受けたそのときに右斜め上に向かってポーズをしましょう。するときれいな写真が取れます。

CA11pTHU0AAQkvG

画像引用元:https://twitter.com/

そしてこのライドフォトは1,500円で購入することができます。

もうひとつ、ニューヨークエリアにあるスパイダーマンのフォトオポチュニティですが、長蛇の列を成しているので大体の場所はすぐわかってしまうかと思います。スパイダーマンのアトラクションから見て左斜め前の小さな路地の先にあり、スパイダーマンがくもの糸を使ってブラーンとぶら下がって待っていてくれます。うーん、頭に血が上ってしまいそう。

ae1982643c6c957262bf30041c0aaca8

引用元:http://blog.goo.ne.jp/usjoosaka

そちらでは自身のカメラとクルーのカメラで撮影します。

なので、気に入った写真なら大きく引き伸ばして飾ってもいいですね。

コチラも1200円から1500円の価格帯なので思い出に一枚購入してもいいかもしれません。

私は「怖い」と感じたことはありませんが、レベルアップしたスパイダーマンは臨場感がたっぷりで怖いと思われてもおかしくない、とてもスリルのあるアトラクションになっています。ぜひ体験してみてくださいね。そしていいスクープを!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です