USJのハリーポッターの新アトラクション!杖を使った魔法体験についてはこちら!!

2014年の夏にOPENした、USJの「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」。OPENから今年で3年目に突入する、2016年の今年、また新しいアトラクションが登場しています。エリア内で行われるショーも、新しいショーが追加され、お土産に買うゲストがたくさんいる「杖」にも新しく”魔法がかけられる杖”が登場しました。

0

スポンサードリンク

USJのハリーポッター・エリアで杖を販売している場所と言えば「オリバンダーの店」

2ハリーポッター・エリア内にある「オリバンダーの店」。映画、「ハリーポッターと賢者の石」でも登場した、魔法使いの必須アイテムである杖を専門に取り扱うお店です。なんと、紀元前382年創業の高級杖メーカーなんだそうですよ。「オリバンダーの店」は同じ店内でショーを楽しむことができる所と、杖を販売しているショップ側との2つに分かれていて、それぞれ入口が違います。

3ショーを楽しめる所は外に待ち列があり、待ち時間表示が出ているのですぐ分かると思います。順番が来ると、まず前室に案内されます。そこには約2万本の杖が、天井まで高く積まれ、外の喧騒も聞こえない静かな部屋。案内役の魔法使いとのやりとりを少しした後、いよいよ杖の番人がいる部屋へ。そこでは、杖の番人に選ばれたゲストの1人が”杖が魔法使いを選ぶ”体験ができ、選ばれなかったゲストはその様子を間近で見ることができます。

4映画の中で、ハリーが初めてオリバンダーの店を訪れた時と同じように”杖に選ばれる”までに、何度か魔法を試していくのですが、その試す魔法にはいくつか種類があります。そして、2度ほど失敗するのですが、その時の反応も面白く、見どころですね。ショーの間は、フラッシュの使用は禁止されていますが、自由に撮影することができますよ。そして、”杖に選ばれた”ゲストだけが手に入れることができる杖は、「ホコリ付き」の特別な箱に入っており、ショップでは販売されていない貴重なもの(中身の杖はショップでも販売されていますが、箱が特別なんです)。ショーの後、購入するかどうか魔法使いに確認されますので、購入してもしなくてもどちらでもOK。杖は誕生月の杖です。「誕生月」といっても通常の12か月に分かれているのではなく、ケルト神話に基づいた分け方になっているので13か月に分かれています。それぞれの杖の意味も違っていて、すべてオリバンダーの店のショップ側で確認することができますよ。

オリバンダーの店に行ったら、杖の買い物だけではなく、ぜひショーも体験してみてくださいね。ショーの後の出口は、ショップ側の店内につながっていますので、そのままお買い物を楽しめます。

次は、販売されている杖の種類と値段について

スポンサーリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です