USJのホラーナイト(2016)呪われたアトラクション「貞子」は怖い?感想とネタバレも!

USJのハロウィーン・ホラー・ナイトでは、自分の足で歩いて進む、お化け屋敷スタイルの「ホラー・メイズ」以外にも、通常のアトラクションが”呪われる”ことによって、いつもと違うホラーな内容になってしまっている「呪われたアトラクション」があります。

今年呪われてしまったアトラクションは「シネマ4-Dシアター」「ターミネーター2:3-D」「バックドラフト」の3つです。

今日はそのうちの1つ「ターミネーター2:3-D」の”貞子~呪われたアトラクション”の基本情報から感想までをお伝えしたいと思います。

6画像引用元:https://www.usj.co.jp/halloween2016/HHN/attraction/

スポンサードリンク

USJのホラーナイト(2016)「貞子~呪われたアトラクション~」開催場所や時間は?

まずは基本情報からお伝えしたいと思います。

場所はニューヨーク・エリアにある、いつもの「ターミネーター2:3-D」です。

00画像引用元:https://www.usj.co.jp/halloween2016/HHN/attraction/

「呪われたアトラクション」は基本的に、日中は通常通りの内容で運行されています。

ホラーナイト開催時間の18:00になるとホラー演出に変更されるという感じです。

ただ、通常運行後、ホラーに変更するために準備時間が必要となるため、日中の運行時間はだいたい16:30までの運行となります。

(日によって前後する場合あり。詳細はHPのショー・スケジュールをご確認ください)

貞子~呪われたアトラクション~の運行時間は

18:00~パーククローズです。

次は、ホラーレベルや注意事項について

スポンサーリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です