【ユニバ・恐竜】ジュラパが怖い!高さ・落差を克服する方法&整理券はいる!?

ユニバで「恐竜」に会いたかったら「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」に乗るっきゃありません^^。

でも最後の落下がどうしてもダメ……と悲しい思いをしてる人も多いですよね。

私も落下は本当に苦手です(>_<)落下しない迂回コースがあればいいのにって本気で思っています。

この記事ではジュラパに乗るのを楽しみにしている人、ジュラパの落下が怖くて、高さや落差を克服する方法について書いてみました。

ジュラパ整理券についても調べましたので最後に載せてみますね。

画像引用元:https://www.usj.co.jp/

スポンサードリンク

【ユニバ】ジュラパ・恐竜たちは怖いの!?【高さ・落差・克服】

画像引用元:https://www.usj.co.jp/

ジュラパの怖さについて、実際に乗った感じをシミュレーションすると安心なので、落下までにどんな出来事が起こるのかまとめてみました。

落下以外の恐竜たちを眺める場面は、中高校生以上や大人なら怖くありません。

ライドに乗り込み、最初のジャングルエリアに入るときから心臓はちょっとドキドキ。

ジェットコースター苦手な人の場合、ライドが上に上がる「カタカタ」のレールだけで「もうダメ><!」って感じですよね。

とりあえずジャングルの風景を楽しんで、「ジュラシックパーク」のロゴのついた門をくぐっていきます。
説明のアナウンスと音楽が、恐怖心をあおります。

門があくと「ようこそ、ジュラシックパークへ」と。

川ややしの木、大きな恐竜と、ここだけでしか見られない光景が。

恐竜がゆっくり首を上げたら、ボートはさらに前へ進んでいきます。

いよいよ滝の流れる「岩のトンネル」をくぐります。

薄緑の恐竜、濃い緑、水中からザブンと出てくる恐竜たち。

小鳥のさえずりが優雅に聴こえます。

ライドが落ちることなんか忘れて、恐竜のエリアを満喫するのが吉ですね。

恐竜たちのエリアを終えると緊迫したアナウンスとブザーの警報が。

黄色と黒のシマ「prohibited area」(禁止区域)のゲートをくぐると、心の準備をしないといけない雰囲気がじわじわと。

倉庫の中のような所を通り過ぎていきます。

WEREHOUSE」とかかれた白い建物に入ると、ライドがガラガラガラと上に上がっていきます。

TRANSPORT TO UPPER RECEIVING」(上の方で受け取り・輸送)なんて書かれていると、自分たちは荷物か!?と怒りも込み上げてきたり。

真っ暗な中、ジュラシックパークの音楽が流れてくると……。

回転するようなサイレンが短く鳴り、エリマキトカゲの恐竜で悲鳴をあげる人も!?

最大の恐竜、大きな口を開けたティラノサウルスが、目の前に現れて、ああどうしよう、食べられちゃう…。

逃げるようにライドが急流をすべっていきます

ああ助かった…外へ出られた。

こんな風に乗れたらいいですよね。

落下は最後の一瞬だけで、それまではずーっとジュラシックパークの恐竜や景色を見学できるボートです。

落下の恐怖へはどうやったら乗り切れるのでしょうか?

絶叫系ニガテの経験からお話してみますね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です