【USJ・ユニバ】バックドラフトって怖い!?恐怖の克服・貞子verのセリフ・事故はないの!?

化学工場での火災・爆発を描いた「バックドラフト」が、USJのアトラクションとなって楽しめます。

火や爆発を怖いモノ見たさで見たい人、キョーフのあまり見れそうにない人、どちらもいるのではないでしょうか。

またテーマパークの出し物とはいえ、事故が心配…なんて人もいますよね。

この記事ではUSJのバックドラフトについて、怖さの克服と貞子バージョンのセリフについてお話します。

それから過去に事故があったかどうかも調べたので書いてみます。

画像引用元:http://www.usj.co.jp/

スポンサードリンク

【USJ・ユニバ】バックドラフトって怖い!?恐怖の克服方法

ハリウッドドリームに怖くて乗れない私ですが、バックドラフトのようなショーは怖さなく楽しめています。

でも密室での火災や爆発を扱ったショーなので、怖い人にはたまらなく怖く感じるのではと思いました。

付き合いでバックドラフトに行かないといけなくなった人が、どうしたら「怖さ」が和らぎそうか、方法を考えてみました。

○火災シーンが怖い場合

画像引用元:https://www.youtube.com/

映画版「バックドラフト」をレンタルして見ると、予習ができて恐怖感がやわらぐかもです。

私もUSJに行く前、バックドラフトの映画をレンタルして、家で見てから行きました。

映画の方が火災、消防、爆発のシーンがずっと長かったです。

それに比べたら、USJのアトラクションはあっという間に終わりますよ。

映画を見てから、アトラクションに行けるかどうか、判断してもいいかもしれないです。

○閉所恐怖症の場合

画像引用元:https://www.youtube.com/

途中退出はできないのでは…と思ったのですが、途中退出したのを見たことがある!という人も、調べていて見かけました。

できる対策として、こんなことが考えられます。

・説明を聞く部屋は居て、最後の火災の部屋は入らないようにする

・後ろの列で見るようにする。左、または真ん中の列から入場すると、前列を避けられる。

私も少し「閉所恐怖症」の毛があるのですが、MRIの輪っかにくぐるのや天井の低いトンネルがダメという感じです。

バックドラフトは部屋が広く天井が高いので、私の場合は閉所的には大丈夫でした。

閉所恐怖症と言っても、いろんなタイプがありますよね。

「重い扉が閉まる隔離された部屋がダメ」という人は、苦手な場所かもしれません。

次は「バックドラフト」のセリフ(貞子ver)について書いてみますね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です